吉田幸生のスケジュール帳

関西を中心に、主にシャンソンの伴奏ピアニストとして 活動する吉田 幸生の公開スケジュールと雑記帳です。

持ち物再考

今回のぎっくり腰対策で、長年ウエストポーチに収納、持ち歩いていた物を、仕分けしました。上右から左に(そのまま左右に降りていく)解説します。
item.jpg

マスク、アイマスク、絆創膏、
毛抜き、手鏡(とげぬき用。出番はほとんどない)目薬(同じく出番なし)、
ト音記号のイヤリング(もらいもの、一度遊びで使ったきり)、
サージカルテープ紙製、コーフル(傷薬)、痛み止め、
水500ml(飲む、洗うなど何でも使えるので水に限る。)
年金手帳、仕切書と領収書と収入印紙のセット、一筆箋、
カード入れ(失くしても困らないもの)、
唐草模様のカード入れ(もらいもの。銀行カード類のうち普段使わないものを入れてます)、
ぽち袋、ホットコーヒーホルダー、スマホ立て、クリップやゴム(ほとんど出番なし)、
スプーン、フォーク、ストロー、調味料各種(時々役に立つ)、
ミニ整理袋、紙袋(飛行機乗るとくれるやつ)、A4サイズの入るビニール袋、
スマホ用充電池、充電コード、巻尺(超薄型だが140cm測れる、なかなかの優れもの)、
切手、お薬手帳、印鑑登録証、イヤホン

ここまでの物は、別途収納して持ち歩くことに。
以下のものは引き続き腰に。

靴ベラ、ポーチを引っ掛けるためのSカン、
印鑑各種、住所スタンプ、ボールペン、消しゴム付き0.9mmシャープペンTUFF、
老眼鏡とその袋、札ばさみ、チケットや払込票入れ(払込票サイズに切ったアクリル板をガムテでつないで自作)、
放射能警報器(東北大震災の時に入手、電池切れたままです。これはもう持ち歩かないな)、
爪切りばさみ、爪とぎ(もらいもの)、耳かき(映し忘れ)、
名刺入れ、パスポート、財布A(小銭やレシート)、
財布B(普段よく使う銀行やクレジットカード、交通ICカード、免許証、保険証)、家の鍵
財布はチェーンでつないでポーチにひっかけてます。落とすのが心配で。

これだけのものが、長年愛用の(2代目です)NOMADICのWISE-WALKERというブランドのウエストポーチにきちんと整頓されて収まっていたわけです。持ち手の付いているポーチがなかなかなくて、探し求めている内に東急ハンズで見つけました。残念ながら、もうどこにも販売してないようです。ボトルホルダーはセットではなく、別途買い求めたアシックスのもの。
porch.jpg

総重量2.6キロのうち1.4キロの減量に成功。収納物が減ったので、ポーチをもっと薄いものに変えれば
さらに軽くなることでしょう。

次回はいよいよ、ピアニスト稼業用七つ道具のご紹介を。乞うご期待。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する