吉田幸生のスケジュール帳

関西を中心に、主にシャンソンの伴奏ピアニストとして 活動する吉田 幸生の公開スケジュールと雑記帳です。

カスカレスさんの思い出

25年前(だいたい)、ヤスコさんがフランスのミュージシャンとコンサートするのに、シンセサイザーのサポート役で呼ばれた。たぶんDX-7かなにかを担いでリハに赴いた。現場に着き、挨拶を済ませた所で突然ヤスコさんが「私用事があるから先にリハやっといて」と出て行ってしまった。
え。
あの、僕フランス語聴き取れない喋れないんですけど。
ピアニストのジルベールカスカレスさんも、歌手パトリックミナールさんも日本語聴き取れない話せない。
少し英語の心得があるミナールさんがコンタクトを試み(てくれたと思う、たぶん)たが、それも覚束ないとわかると、言葉によるコミュニケーションは諦めた我々のリハが始まった。

楽譜はごく簡単な代物で、どこでどんな音を出せば良いのかは全くこちらに委ねられている。
で、ともかくもせーので音を出してみて、良ければカスカレスさんが一言「OK」。だめなら「ワンモア(もう一度)」。ダメな時は、どこがどうダメなのか、フレーズがだめか、音色がダメか、ボリュームがだめか、一切説明は無く、ただひたすらワンモアを繰り返すのだ。
そんな音合わせが約3時間。次第に何となく掴めてきたのだろう、OKの数は増えていったように覚えている。

本番がどうたったのか、などは全く覚えていないが、そんな若かりし日の一コマです。
今日25年ぶりに会いに行きます。


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する